季節の花

  1. blog-hana19-1

    フジ

     古来より日本で親しまれている「藤(フジ)」の木についてお話をさせて頂こうと思います。「フジ」はマメ科のつる性落葉木です。4~6月に蝶のような形の小花を房状に垂れ下げ、幹の方から先端に向かって咲き進めます。ゴールデンウィークに見頃を迎える名所も多く、藤祭り等の開催も、よく見られます。

  2. blog-hana18-1

    モモ

     今回は、古来より日本で親しまれている「桃」の木について、お話をさせて頂こうと思います。桃(モモ)は、バラ科サクラ属の落葉広葉樹です。春、葉に先立って紅色や白色の花が、枝に沿ってびっしりと咲きます。

  3. matu

    マツ

    今回は寒さの中でも緑を保ち、庭木の代表ともいわれる『マツ』を取り上げたいと思います。 マツは針葉樹であり、日本ではクロマツやアカマツが一般的です。縁起の良いものとして、門松などのお正月の主役として飾られています。 一年を通じて常緑の松は、不老長寿や不変の象徴とされ、記念樹としても植えられています。

  4. blog-hana16-2

    ギンモクセイ

    朝夕が凌ぎやすい季節となりました。秋ですね。今回は、「ギンモクセイ」に、スポットを当ててみたいと思います。「ギンモクセイ」はモクセイ科の常緑樹です。10月頃に芳香のある白い花を咲かせます。キンモクセイは、この「ギンモクセイ」の変種と言われています。

  5. blog-hana15-1

    ブルーベリー

    今が旬。美味しく食べられるブルーベリーについて取り上げてみようと思います。「ブルーベリー」は、ツツジ科で、落葉低木果樹です。ハイブッシュ系、ラビットアイ系、ローブッシュ系等の品種があります。

  6. blog-hana11-2

    ロウバイ

    日ごとに暖かくなり、桃の蕾がほころぶ季節となりました。まだ、朝晩が冷え込むこの時期、そんな寒さの中で咲く「ロウバイ」。半透明の、まるで蝋細工のような黄色い花を咲かせます。甘い香りは、もうすぐ春だと告げに来てくれているようです。ロウバイは、中国原産の落葉樹です。

元樹くん

土壌微生物増殖資材「元樹くん」(2)
ページ上部へ戻る